トップ > 

生徒から一言


橘 千琴さん
星槎高校2年生
10年間通った小中高一貫の女子校をやめたのは2年前の秋。
今、私は神戸自由学院で、通信制星槎国際高等学校に在籍しながら、高校卒業資格取ろうとしている。
自分の経験値が1つずつ増えていくことの楽しさを知り、自分の居場所を見つけ、
じっくりと自分の将来について考える事の出来る環境で私は毎日を過ごしている。
ここでの毎日を考えるのは、大人じゃなくて子供。
こういう場所ってホントに少ないんじゃないかと思う。
他人と自分を比べる事の無意味さ、そして他人と違う自分を好きでいられる自信。
4年間の不登校生活を経て、この学校に出会い、新たなスタートを切る事が出来た私は、
様々な年齢の友達と、頼りにできるスタッフと、インパクトの強すぎる田辺先生と共に、
たくさんの人と関わり、たくさんの事を学んでいる。
色んな人がいて、色んな場所があって、色んな学び方があって、色んな考えかたがある。
神戸自由学院は、その名の通り限りなく自由で、私の背中をそっと押し出してくれる、そんな場所だと思っている。