トップ > 

先生紹介(サポート大学生)


田辺先生
神戸自由学院校長
1944年神戸生まれ。神戸大学経営学部卒業後、保険会社に勤務するも2年で退社。関西聖書神学校で牧師修業に励むも、キリスト教会の体質に疑問を持ち中退。東京山谷に行き、アル中患者対象に伝道活動をしていた中森牧師のもとで助手としてボランティア活動に従事。2年後帰神、神戸で日雇労働から長田区のゴム工場勤務を経て、1974年大阪社会体育専門学校の非常勤講師に従事しつつ、学習塾の数学・理科講師を兼務する。ところが学習塾では、当時体罰が日常化しており、経営者に抗議すると、即刻解雇となる。塾とは縁をきるつもりでいたところが、数人の生徒の強い希望で、1988年学習塾「冬夏舎」を開設。さらに2年後フリースクール併設。1995年阪神大震災にて教室が全壊、神戸に移転し、現在に至る。不登校の子どもたちと歩んで、今年で20年になる。ところが不登校生の進路について調べていくうちに、安心して推薦できる高校が存在しないことに気づき、それなら自分たちで学校を創ろうと決意、2009年4月「神戸自由学院」が開校した。
大石先生
音楽担当
けんた先生
情報処理担当
兵庫県立青雲高等学校卒業後、神戸フリースクールのスタッフに。その後、システム開発会社でエンジニアとして開発に従事する傍ら神戸自由学院の設立に関わり、現在は設備管理・情報処理担当者として神戸自由学院に所属している。